アーカイブ: 2010年8月

2010/08/16

永続的リンク 15:13:22, カテゴリ: CO2削減・エコ

エアコンの目安電気料金、省エネ効果は課題表示?

本日のニュース「エアコンの目安電気料金省エネ効果、課題表示」によると、
家電売り場等、店頭に表示されている
エアコンの「目安電気料金」が、
実態の約6倍も?懸け離れている可能性のあるらしいことが
分ったそうである。

過剰表示は、意図的ではなかったとしてるが・・・
それにしても、ひどい話である。
言い訳では、性能試験に使う時間を算定根拠にし、
実際の家庭での使用状況を把握していなかったためだそうだが・・・
経産省資源エネルギー庁のコメントでは
「現在、基準にしているJISは性能を測るためで、
使用実態を反映していないのは事実。
当時は実態データがなく、JISを使うことが一つの割り切りと考えた」
と説明したとのことで、なんとも役人らしい言い訳のようだ。

目安電気料金は、経産省が06年に導入した
「統一省エネラベル」にて表示されている。
省エネ法に基づき、小売業者が店頭で
家電などの省エネ情報を消費者に提供するためのラベルで、
経済産業省が、星の数で省エネ性能を示す
「多段階評価」や年間の目安電気料金等の
記載内容、電気料金の計算方法を決めているものだが、

消費者に目安にもならないラベル表示?
現実とは関係ない、机上の理論に基づく数値・情報だけであれば、
かえってないほうが良いのでは?というぐらい
今回の事例は、かなりお粗末な内容のようである。

2010/08/10

永続的リンク 15:54:34, カテゴリ: CO2削減・エコ

物々交換こそ、シンプルかつ最大のエコ。

先日、このようなニュースを目にしました。
「ネットの物々交換で携帯電話をポルシェに換えた少年」

これはアメリカの17歳の高校生のお話で、
彼はインターネットの物々交換サイトに
古い携帯電話を1台出品しました。
その後2年間にわたって14回の交換をおこない、
最終的にポルシェにまでいきついたそうです。

このニュースを見てポルシェか~凄いなぁと
同時に思ったことは、昔からある
「物々交換という考えはよくできている」ということ。

自分にとっては不要な物でも、
別の誰かにとっては必要であり、
その別の誰かが不要なものは、
自分にとっては必要なものであるかもしれないわけで。

自分が使わなくなった物でも、誰かが必要とすれば、
その「物」は得家員にゴミにはならず、
長い間大事に使い続けられていく・・・

地球温暖化問題等を発端に環境問題が
日々クローズアップされる中、
最先端技術もその開発や工程において、
たくさんの環境破壊やCO2を発生させているのは間違いなく、

今回のわらしべ長者物語にまでは、現実いかなくても、
私達が、リサイクルショップやフリーマーケット等を
活用するだけでも
「物を大切にする」心を養うことと共に
誰もが一番簡単に確実にできるエコ活動が身近にあるなぁと。

アメリカの少年のニュースをみて、
改めて、とてもシンプルなエコが見えた気がしたのでした。

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2010年8月
<< < 現在 > 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?