投稿の詳細: 上海万博。中国文化に日本のトイレは驚愕の事実。

2010/05/04

上海万博。中国文化に日本のトイレは驚愕の事実。

史上最大規模となるだろうと予想されている上海万博。
中国文化ならではの、混乱は、相変わらずのようだが、
開幕から3日間での来場者は56万人超え、
その経済効果は、日本円に換算すると16.8兆~21兆円とも
言われているだけに、その勢いは、さすがに凄まじいようだ。

上海万博=中国での開催とあって、やはり人気があるのは
中国館のようですが、日本館も観光客が殺到しており、
待ち時間が3~4時間に達するほど人気が高いそうです。
日本館において、特に注目したいのは、
人気の近未来のロボット技術とやはり最先端の環境関連技術。

人類が克服すべき地球規模の問題の一つである
水資源問題に焦点を当てた、
下水を浄化して飲料水にするバイオNキューブや
メンブレンバイオリアクター(MBR)、
海水を淡水にする逆浸透膜など、
更に「ゼロエミッションタウン」を実現させるためとして、
エコカー・床発電・家庭用燃料電池ユニット・発電窓
有機EL照明・水素による製鉄プロセス革新・
CO2分離回収貯蔵技術等、
日本の誇るべき最先端技術が数々紹介されている。
(詳細は、2010年上海万博日本館公式サイトよりご参照下さい)

そんな中、日本産業館のトイレは「世界一トイレ」と名付けられ
この「世界一トイレ」、中国人の好奇心をかき立てるようだ。
日本産業館のトイレ設計を手がけたINAX(イナックス)によると、
日本産業館のトイレには自動開閉・自動洗浄の便座が設置されるが、
この便座はクラシックやジャズといった音楽をも
再生することも可能だという。
また、6月には日本産業館のトイレに上海万博のために設計した
金の便座が展示されることになっており、
訪れた人びとは超豪華なトイレを体験できる予定とのこと。
更なる話題を呼びそうである。

思い起こせば、私が友人と中国に観光旅行してのが、
かれこれ約15年前。
当時、中国の観光施設と呼ばれる場所で、トイレを利用した際、
大要の場所含めトイレブースが何一つない空間で、中国人が2人
楽しそうに話しながら要をたす姿を見た際には、
(しかもこんな状況化のトイレで有料)
そのカルチャーショックは、かなりのもので(笑)、
それ故、今、中国人が恐らく感じた、
日本のトイレを見た際、使用後の
とても大きなカルチャーショック。
分らないものでもないような感じがするのでした。

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 7 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2017年8月
<< <     
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?