投稿の詳細: 太陽電池利用で自動販売機の夜間照明電力消費ゼロを実現!

2010/03/25

太陽電池利用で自動販売機の夜間照明電力消費ゼロを実現!

日本コカ・コーラ社は、太陽電池を利用し、夜間照明の電力消費ゼロを
実現した環境配慮型の自動販売機を開発。
今月から順次、全国で設置していく予定とのことだ。

この自動販売機「ecoる/ソーラー」は、本体上部に設置した
ソーラーパネルで発電した電力をバッテリーに充電。
これで夜間照明の電力をまかなうというしくみ。
製品ディスプレー部分には消費電力の少ないLED(発光ダイオード)
照明の採用や、人感センサーによって販売時に全点灯する仕組み等、
最先端の環境対策(エコ)技術を自動販売機一つに集約しているようである。
更に従来機同様、空気中の熱を利用するヒートポンプ機能や、
ノンフロン冷媒、真空断熱材等も合わせ、より環境負荷低減を進めた
まさにこれからの自動販売機のあるべき姿という象徴になりそうだ。

分解ずかん〈5〉じどうはんばいきのしくみ (分解ずかん (5))
分解ずかん〈5〉じどうはんばいきのしくみ (分解ずかん (5))

日本の自動販売機市場は、設置数の多さ(特に野外での設置)や
販売商品の多様さで世界的に群を抜いている。
少し古いものでの、データにはなるが、2007年末時点で、
日本国内の自動販売機台数は、およそ540万5300台。
自動販売機一台辺り、一日の消費電力が、およそ1.2kw平均故、
仮に1kwと540万台と単純計算をしたとしても、
1日換算、540万kw~の電力消費をしているという計算にもなる。

自動販売機の文化史 (集英社新書)
自動販売機の文化史 (集英社新書)

従来より、自動販売機では、その特性上によって、
24時間誰が何時購入するか全く予測がつかない、
常に冷却・加熱を続ける必要がある等の理由が、
自動販売機自体の、消費電力を押し上げる一因にて、
今回、飲料トップメーカー、日本コカコーラ社が
まずは、これら問題点に大きくメスを入れたようである。

日本コカコーラ社では、今回発明のこの自動販売機を
2010年内に全国で1500台を設置する計画とのことで、
環境配慮・省電力化を図る動きは、
今後、他社も追随にと更に加熱しそうである。

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 2 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2018年6月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?