アーカイブ: 2010年3月

2010/03/29

永続的リンク 15:51:57, カテゴリ: 経済状況・景気動向, 企業努力

消費者金融の過払い利息返還請求。報酬・広告の再規制も検討?

昨日(28日)、何気なく付けたテレビ番組で、
日本弁護士連合会会長が、消費者金融の過払い利息返還請求を巡り
現在、高額報酬や誇大広告の問題が広がっているとして、
「再規制が可能かどうか検討して対応したい」と述べていた。

サラ金整理―400万人多重債務者のための過払い返還方法
サラ金整理―400万人多重債務者のための過払い返還方法

この問題については、報酬や広告について、金融庁も、
改正貸金業法の完全施行に向けて、消費者保護の観点から
見直しを日弁連に求めており、同番組に出演していた
亀井静香金融相も「過払い金が依頼者にほとんど行かず、
弁護士のポケットに入れちゃうことが相当起きている」との
批判をされていたが、現状は、確かに亀井大臣のご指摘の通りで
2004年に弁護士の報酬制限が廃止されたことによって、
またそれ以前の広告規制の解禁によって、
依頼者と弁護士が合意すればという名目の元、
この手の弁護士報酬は、青天井となり、問題となっている。

ただ、実際、過払い被害にあった消費者観点では、
弁護士報酬自体=過払い回収分よりの
出来高(成果報酬形式)という形式が一般的にて、
自分の懐からの支払という感覚は、ほぼ皆無に等しく、
過払い返還請求の趣旨やしくみ自体もよく理解できていない
というのが、ほとんどのようで。
依頼した弁護士報酬がいくらになったのか?
過払い返還にて返金された金額がいくらだったのか?
これらについては、全て無頓着のようでもある。
おそらく、彼らにとっては、今後、毎月の返済がなくなる等、
身銭に関する事柄のみが、自身の問題であり、重要なのだろう。

報酬制限の撤廃自体は、そもそも競争を促す狙いで
自由化された経緯にて、現にそれに伴い
多くの弁護士事務所がビジネス展開した結果、
多くの過払い被害の消費者自体の救済に繋がったという
事実自体は、間違いなく、良かったといえそうである。

検証過払い―多重債務問題の解決にならない過払金返還請求の実態
検証過払い―多重債務問題の解決にならない過払金返還請求の実態

私の目には、一番の問題は、とんでもない状況でも、
それを全く理解できていない消費者の意識なのでは?とも思うのですが、
消費者保護の観点では、これら事情を巧みに利用している
弁護士に対し、昨日の番組でも、日本弁護士連合会会長が
「一般的に規制を復活させるのではなく、債務の整理事件等
限定すれば実現性はある」と話していた通り、
何らかの規制を設けることは、急務であり、必要のようである。

2010/03/25

太陽電池利用で自動販売機の夜間照明電力消費ゼロを実現!

日本コカ・コーラ社は、太陽電池を利用し、夜間照明の電力消費ゼロを
実現した環境配慮型の自動販売機を開発。
今月から順次、全国で設置していく予定とのことだ。

この自動販売機「ecoる/ソーラー」は、本体上部に設置した
ソーラーパネルで発電した電力をバッテリーに充電。
これで夜間照明の電力をまかなうというしくみ。
製品ディスプレー部分には消費電力の少ないLED(発光ダイオード)
照明の採用や、人感センサーによって販売時に全点灯する仕組み等、
最先端の環境対策(エコ)技術を自動販売機一つに集約しているようである。
更に従来機同様、空気中の熱を利用するヒートポンプ機能や、
ノンフロン冷媒、真空断熱材等も合わせ、より環境負荷低減を進めた
まさにこれからの自動販売機のあるべき姿という象徴になりそうだ。

分解ずかん〈5〉じどうはんばいきのしくみ (分解ずかん (5))
分解ずかん〈5〉じどうはんばいきのしくみ (分解ずかん (5))

日本の自動販売機市場は、設置数の多さ(特に野外での設置)や
販売商品の多様さで世界的に群を抜いている。
少し古いものでの、データにはなるが、2007年末時点で、
日本国内の自動販売機台数は、およそ540万5300台。
自動販売機一台辺り、一日の消費電力が、およそ1.2kw平均故、
仮に1kwと540万台と単純計算をしたとしても、
1日換算、540万kw~の電力消費をしているという計算にもなる。

自動販売機の文化史 (集英社新書)
自動販売機の文化史 (集英社新書)

従来より、自動販売機では、その特性上によって、
24時間誰が何時購入するか全く予測がつかない、
常に冷却・加熱を続ける必要がある等の理由が、
自動販売機自体の、消費電力を押し上げる一因にて、
今回、飲料トップメーカー、日本コカコーラ社が
まずは、これら問題点に大きくメスを入れたようである。

日本コカコーラ社では、今回発明のこの自動販売機を
2010年内に全国で1500台を設置する計画とのことで、
環境配慮・省電力化を図る動きは、
今後、他社も追随にと更に加熱しそうである。

2010/03/22

永続的リンク 11:52:27, カテゴリ: CO2削減・エコ

世界水の日 TAP PROJECT 2010

本日、3月22日は、世界水の日。
世界水の日とは、1992年12月、国連総会にて、
毎年3月22日が「世界水の日」と定められました。
「世界水の日」は、水資源の保全と開発について考える為の日であり、
世界各国でこの国際的な課題について普及啓発するための
会議やセミナー、展示会が開かれています。

その運動の一つとして、ユニセフの活動を支援するプロジェクトとして
上げられる世界的規模の運動にTAP PROJECTというものがあります。
TAP(タップ)とは蛇口のこと。
TAP PROJECTでは、世界中の子どもたちが
「清潔で安全な水」を使えるよう
2007年にニューヨークより始まり、世界各地で展開しています。
具体的には、国連が「世界水の日」と定める
3月22日から3月28日までの一週間、このプロジェクトに
参加するレストランにおいて提供された水に対して
100円もしくはそれ以上の募金をお願いする活動を実施します。
ユニセフの試算によると、100円=一人の子どもが40日間、
きれいな水を飲むことができるとのこと。

世界の子どもたち―世界をむすぶぼくの声わたしの声
世界の子どもたち―世界をむすぶぼくの声わたしの声

日本国内においても、TAP PROJECTは、活動しており、
昨年、当社別ブログでも、世界水の日について取り上げていたのですが 昨今の環境ブーム、エコに対する私達の強い関心からでしょう、
今年は、昨年より、規模も大きくなり、全国各地のレストランが
多数参画しているようです。
更に本日は、祝日。TAP PROJECTの成果、
また皆様の水に対する関心を高める日としましても
絶好の日和にとなりそうです。

また、TAP PROJECTの本来の活動とは、少しかけ離れてしまいますが、
参加レストランに行かなくても、現在は、募金という形で
ユニセフに寄付することも可能です。
オンライン募金もあるそうなので、ご興味ある方是非

水の世界地図
水の世界地図

「世界水の日」本来の趣旨は、世界的な観点からもう一度、
水の貴重さ、世界中の人々と一緒に見つめなおす
「地球と水を考える日」です。

水は、我々人類を含むあらゆる生物の活動の源であり、
水無しでは、私達、人類は生きることが出来ません。
その水資源は、この地球上にて限られた存在です。

それ故、水の貴重さ、大切さについて考えることは、
「世界水の日」「TAP PROJECT」が一つのきかっけなだけで、
当然、後日や、別の日でもいいのです。
私達、一人一人がもう一度見つめ直し考えること。
この事が、とても重要で大切なことなのですから。

資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか?
資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか?

2010/03/20

永続的リンク 12:36:00, カテゴリ: 企業努力

病院経営の成功の秘訣は、患者さんの声を聞くこと

“集患”プロフェッショナル―クリニック経営・成功の法則 腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか
“集患”プロフェッショナル―クリニック経営・成功の法則 腕の良い医師が開業してもなぜ成功しないのか

↑このような書籍タイトルが山のように本屋に行けばあるように
病院経営が著しく成功している病院があるかと思えば、
一方、年々、患者数の減少~衰退、そして閉院となる病院の数も
年々、増加しているのが、開業病院・クリニック等をとりまく
大きな格差が問題となっており、
その中でも歯科医院様においては、深刻な社会問題としても
昨今、大きく取り正されているようです。
3ヵ月で医院が変わる 勝ち組歯科医院経営55のポイント (歯科医院経営実践マニュアル)
3ヵ月で医院が変わる 勝ち組歯科医院経営55のポイント (歯科医院経営実践マニュアル)

病院経営の成功の秘訣は、患者さんの声を聞くこと。
ただ、従来よりお医者様と患者という、敷居の高さからか?
お医者様が多忙すぎる故、患者とゆっくり話す時間やきっかけが
なかなか作れないという、人の命に関わる医療という
現場ならではの理由なのか?
ただ、単にお医者様が話しべたなのか?
これら、病院それぞえに理由は当然様座だろうが、
患者の思ってる声を聞き取るしくみ。これが出来るか否か?
おそらく、これが病院成功への大きな鍵ではないだろうかと思います。
医療サービス=サービス業にて、やはりユーザー心理を知り
それに応える=経営成功。これらの図式は、全国共通ですね。

↓下記は、同じような医療現場の悩みに対して改善をという着眼点にて
「患者満足度調査」を病院の変わりに、手軽に調査をしている
株式会社Qライフ様の「患者さんの声調査キャンペーンの詳細」ページ

↓実際活用されている各医院様の声としては
「これまで患者様の満足度調査をやりたくても、手間暇を考えると
なかなかできなかった。」
「受付でチラシを配るだけなので、手軽。」
「患者さんの回答は現場で役立つことばかり」
「待合室の患者さんをお呼びする方法一つでも
何気なくやっていたことが、これほど高く評価されているとは?」
「私もスタッフもどんな回答が来るか不安でしたが、
生の声に接してとても自信になりました。」
患者さんは、良い点も悪い点も面と向かっては言いづらいものにて、
院内のよい刺激になるので今後も定期的に利用したいと思います」等

日本最大級病院検索サイトというだけあってか、
なかなか好評のようでした。

成功する治療院・サロン経営―口コミ1番店の作り方
成功する治療院・サロン経営―口コミ1番店の作り方

病院経営において、繁盛・衰退と状況は異なれど
患者さんの為に医療を提供する、その思いは一つのはず。
現状に甘んじることなく、自院努力される思いを胸に
後は、具体的にその思いを行動に移すこと。
これが大事ではないでしょうか。

だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ
だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ―医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りたい10のテーマ


2010/03/19

永続的リンク 14:45:10, カテゴリ: 経済状況・景気動向, 企業努力

不況経済脱出のキーワードは「マクドナルド」

今月に入り、日本マクドナルドでは、
マックフライポテト平日全サイズ¥150キャンペーンを開催! 
 ↑期間中の平日に限り、
 マックフライポテトが(S)(M)(L)サイズがALL 150円!
 2010年3月1日(月)~2010年4月1日(木)まで
更に、安売りだけでなく、高価格路線も引き続き
ボリューム・品質にこだわったプレミアムハンバーガー
@400円~も、一度は試しに食べてみたいというユーザー心理に
比例してか?売れ行き絶好調とのことで。

昨今のデフレ経済、不況景気の中、
庶民のいつも味方、マクドナルドというだけに、遠目から
ドライブスルー越しだけでも、途絶えない長蛇の列の様子に
マクドナルドが毎回行う販売戦略、売れるしかけづくりには、
ただただ頭が下がる思いでいっぱいですね。

とことんやれば必ずできる
とことんやれば必ずできる

前回、このブログでも、そのマクドナルドの販売戦略の凄さを
マクドナルドホールディングス。過去最高の営業利益と発表と題して ご紹介をさせていただいては、おりましたが、
再度、改めて、「経営のいろは」は、マクドナルドを見習って学ぶこと。
本気で、現在、熱視線を送っている次第です。

利益は「率」より「額」をとれ!―1%より1円を重視する逆転の発想
利益は「率」より「額」をとれ!―1%より1円を重視する逆転の発想

ちなみにマクドナルドと言えば、
おそらく知らない人は、いないぐらいの超大手、有名店にて、
私達、消費者にとっては、非常に馴染みの強いお店でもあります。
その為でしょうか、過去には、マクドナルドで使っている
ハンバーガーの肉は、ミミズだとか、根も葉もない悪い噂も
注目度が高くなればなるほど、良い、悪い関係ない、風評が飛び交い、
たくさん存在するのも、超大手有名企業の宿命なのかも?しれませんね。

ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味 (角川oneテーマ21)
ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味 (角川oneテーマ21)


今回は、そのマクドナルドにて、
私の知っている、ちょっと面白情報を
少しピックアップしてみましたので、是非、お楽しみ下さい。

マクドナルド原価表(2チャンネル情報にて真偽は不明?)
■ハンバーガー
価格…80~100円 原価…45円
■チーズバーガー
価格…100円 原価…54円
ハンバーガーは原価が高く、あまり儲からないらしい。
■テリヤキマックバーガー
価格…260円 原価…78円
■ポテト(M)
価格…220円~240円 原価…10~20円
ポテトは利益率が高く、販売数も多いらしい。
■アップルパイ
価格…100円 原価…35円
■コーラ
価格…100円
原価…5円未満(紙コップと、カップのふた、ストロー、水、氷のみ)
おそらく5円もしない。
実はマクドナルドのコーラ原液はコカ・コーラ社から無償提供?
■マックナゲット
価格…250円
原価… 5円 /1個 合計原価25円
■コーヒー(ホット)
価格…100円
原価…2,5円

↑いかがだったでしょうか。
本当らしさも多々あるだけに
全て嘘とも?言い切れないところが面白いですね。
昔からポテトが一番儲かっているという噂も、
私自身、子供の頃に聞いたこともあり、
それが事実だと、凄い粗利に!
今回のポテトキャンペーン!どんな数字をたたき出すのか
またまた注目ですね。

2010/03/15

蛍光灯の省エネ対策は、電子式安定器(インバーター)に先ずは交換

先日、このブログでもご紹介させていただきました、
電気料金の削減、蛍光灯の節電対策機器「リ・ライト」
について、
その後、多数のお問合せを頂戴しありがとうございました。

その中から、蛍光灯の節電対策として関連する事項として、
電子式安定機器(インバーター)について、多数のご質問を
頂戴いたしました、電子式安定器(インバーター)について、
少し、詳しくご説明させていただきたいと思います。

安定器とは、蛍光灯器具内に納まっている、
放電を安定させている装置です。
JIS規格によると、蛍光灯安定器では、30,000時間の
蛍光灯ランプの点灯時間を確保することが求められており、
この時間が安定器を安全かつ正常に使用できる範囲、
すなわち寿命の目安となります。

ちなみに寿命を過ぎると、安定器の劣化に伴い
点灯効率も低下、更に安定器事態の消費電力にも
負荷がかかることによって、通常の定格値より高くなったり、
発熱量の増加によって、各部品への悪影響にも繋がります。

当社では、これらを元に、蛍光灯安定器がそろそろ寿命にて、
交換工事等をご検討されているお客様には、
既存消費電力を20~30%削減、
器具交換よりも安く
省エネに繋がる
従来型(鉄心式安定器)を電子式安定器(インバーター)に
安定器だけを交換する方法も、お薦めしております。

更に、電子安定器(インバーター)は、
点灯効率を改善することによる省エネだけでなく、
低ノイズ、軽量、超寿命にと、良いことづくめ。

おおまかな目安としては、10年。
10年~経過している事業所様の照明器具は、要チェックにて、
是非、早期、導入された方がお得ですので、
導入検討を強くお薦めする次第です。

2010/03/12

永続的リンク 14:16:14, カテゴリ: 経費削減・コストダウン

開発の原点はユーザーニース!蛍光灯の節電器具「リ・ライト」

電気料金の削減。co2削減を目的に、ほとんどの企業の天井にある
照明蛍光灯の節電器具として、現在、当社におきましても、
かなりご好評いただいている商品がございます。

商品名は、RE・LIGHT(リ・ライト)

「リ・ライト」は。蛍光灯(富士 40W2灯式)逆器具を
(HF32W1灯式器具)に置き換え、
要は、従来の2灯式蛍光灯を1灯りすることにて、
従来の明るさを保ちながら、
消費電力を約50%近く(半分 2本⇒1本のイメージ)をカット!
更に、地球温暖化防止対策を推進するコンセプトにと
開発された照明器具です。

蛍光灯の電力消費、電気料金は、おおよそですが、
(東京電力管轄にて1日9h×通常営業日数計算)
年間、1本あたり、3000円。
それ故、御社天井にある蛍光灯×台数分、
現状より、確実に電気料金削減が可能です。
もちろん、電気使用量が下がるのですから、
co2も半分近く削減!

照明器具の寿命は、平均10年とも言われております。
新設時、新規に蛍光灯を新しくと、現時点でお考えの企業様、
また一日の電灯使用時間が長い工場・商店・オフィス様等、
手軽な電気料金削減対策には、蛍光灯節電器具
「リ・ライト」、強くお薦めです。

2010/03/08

FAX機のリース料金大幅削減は、3月が優位!

3月という月は、日本では、古くから年度制度というものにも
慣れ親しんでいることもあり、かなり多くの企業様でも
決算等にて、非常にお忙しい時期かと存じます。

日々、ご多忙の中、お忙しい時期に、更に負担がと
思われる経営者様も少なく、通常は、なんとなくで、
バタバタしている間に、過ぎてしまっていることがが
多い時期でもございます。

ところが、この決算時期。3月だからこそ、かなりの確率で、
毎月かかる経費を、大幅削減できる可能性が高い
経費項目があります。

それは、FAX機等のリース料金の削減です。

FAX機のリース料金は、ほとんどの企業様で、
おそらく毎月必ずかかってくる経費故、
この費用が、大幅に削減できれば、企業にとっては
大きなメリットに繋がるものです。

通常、FAX機のリースを取り扱うのは、
実際に、御社の現在のFAX機のリース契約内容を
確認していただければ、分るかと思いますが
製品を作っているメーカー企業ではなく
それらを取り扱う販売店がほとんどです。

これらの販売店では、年間○○○○○台~販売する、
もしくは、販売したら、FAX機、一台辺りの仕入額を
@○○万円になどといった契約をしており、
仕入と、実際の契約金額との、その差額で、
事業形成をしております。

それ故、この時期になると、各販売店には、
一括仕入をしたけど、未だ○○○台、契約が未締結で
在庫をかかえてしまっている。
また、後、○○○台、売らないと、今回、もしくは翌年以降の
FAX機の仕入額単価が上がってしまう等、
様々な事情があるのです。

今年は、不況、デフレ経済による影響もあり、
更に好条件で、大幅に下げられる可能性もあるかと。
いずれにせよ、毎月かかる、FAX機のリース料金削減では、
3月は絶好の時期、是非、ご活用下さいませ。

2010/03/06

永続的リンク 15:05:14, カテゴリ: CO2削減・エコ

エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律

なんだか、ブログタイトル名も、法律名が長いので、
長い名前になってしまいましたが、
そろそろ、お手元に、各電力事業者より、
「太陽光発電の新たな買取制度」といった案内が
届いている頃かと思います。

そこで、もう一度、より具体的になってきた時期なだけに
何これ?と思われている人も多いかと思いますので、
更に分り易くご説明したいと思います。

以前、このブログでもお話しました
「太陽光発電の新たな買取制度」が、
平成21年11月より開始されてます。
この制度では、太陽光発電設備を導入した需要家にて、
余剰(使用以上)に作られた電気を法令
「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の
利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の
促進に関する法律」にて定めれられた条件により
電気事業者(電力会社)が買い取ることを義務付け。
その買い取り費用については、電気を使う
全ての人達で、既存の電気料金に
+太陽光発電促進賦課金として、加算されるしくみです。

要は、国としては、太陽光発電に、
皆さん早く設備を導入して切り替えていって欲しい。
そうなれば、地球環境上からも環境問題にて重要視されている
CO2の削減にも繋がり、また余剰電力は買い取りますから
家計・経費も(毎月の電気料金)も下がりますよ。
という政策があっての法律なのです。

良い方向への法律だとは、思いますが、
ただ、前回のブログでも触れたよう、
【クリーンエネルギー。太陽光発電だけを国はなぜ推奨する?】

現在は、なぜ太陽光発電だけ?と
その他、風力・水力等のクリーンエネルギーを除外して
定義されているのが、何かまた利権が絡んでいるようで
あまりにも偏った法制度という店が、非常に気がかりなのですが、
少しづつではありますが、上記法律の一部修正案もでているようで。
詳しくは、経済産業省のHP
「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の
利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律案」
及び「石油代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律等の
一部を改正する法律案」
についてをご覧下さい。

現時点での与党(民主党)では、あまり当てに出来そうもないので、
心配ですが、個人の意見はさておき、当社にきた東京電力からの
案内では、来年4月以降より、待ったなしで、電気料金が
既存よりは、値上がりとなりそうなのでした。

2010/03/02

永続的リンク 13:59:42, カテゴリ: 経済状況・景気動向

大阪の景気対策。消費拡大、プレミア商品券がドタバタ模様?

大阪の橋本知事の肝いりの景気対策としても注目される、
大阪府が消費拡大を狙って販売したプレミアム付き商品券が
ドタバタ続きで、つまずいている。

この商品券政策では、1万円で購入した商品券で、
1万1500円分の商品が買えるプレミアが“ウリ”で。
「大阪まるごと大売出しキャンペーン」として、
大阪府内の百貨店やスーパーなど200店で販売された。
70万冊発行され百貨店や商店街など
約4500の参加店で使用可能。

しかし、現時点では、その商品券が18万冊も売れ残り。
更に、このプレミア商品券を購入した消費者からは、
「参加店に行ったのに使えなかった」という苦情も相次いでいる。

おもな原因は、宣伝不足のようだが、
販売直前に、当初は購入可能としていた”たばこ”については、
近畿財務局が「たばこ事業法に抵触する」との指摘にて。
急に購入ができなくなったり、
商品券が使える対象商品を、基本的には、
参加店ごとで決めていることによる混乱も出た。
百貨店だけの一例でも、有名ブランド品などを
対象外としている点のみは足並みがそろっているが、
食料品では、対応がまちまちとのことで、
これでは、消費者が困惑するのも当然だろう。

当政策の担当者も現状には、反省しきりにて、
現状の売れ行き不振を挽回するべく、
当初あった「大阪府民限定」「1人1冊」という制限も
急きょ“撤廃”するなど、こちらもまた
ドタバタ対応をしている。

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2010年3月
<< < 現在 > 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?