アーカイブ: 2010年2月

2010/02/25

永続的リンク 11:23:36, カテゴリ: CO2削減・エコ

堀江貴文のブログでは言えない話

有料サービス強化の一環として著名人のメルマガ創刊に注力している
まぐまぐでは、
2月1日に元ライブドアのホリエモンこと堀江貴文氏の
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」
(月額840円)を創刊したところ、多くのユーザーからの登録が殺到、
創刊3週間でまぐまぐの有料メルマガ過去最高の登録者数を記録した。

メルマガの内容は、iPadと電子書籍をめぐるコンテンツの
タイムマネジメント論、獄中記、堀江氏が考える
新しいビジネスモデルや考察等。

デフレ不況脱出のけっかけがつかめない、現在の日本経済において、
元敏腕経営者。堀江氏の思考・情報より、何らかのヒントが掴めれば、
月額840円なら、かなりお得感ありの買物ですね。

堀江貴文のブログでは言えない話

2010/02/22

永続的リンク 16:00:02, カテゴリ: 企業努力

ミクシィ笠原社長等、多くの経営者が影響を受けた漫画「サンクチュアリ」

「ニッポンを変える、これからのキミたちへ」と
題して行われたフェアで、
1990年、小学館「ビッグコミックスペリオール」で
連載された人気コミック「サンクチュアリ」
SNS大手ミクシィの笠原社長を代表に、数多くの経営者が
何らかの影響を受けたと、想いを、
特設ウェブサイトや全国書店にて紹介している。

フェア自体は、エニグモ×小学館がウェブ・書店連動型フェアにて、
おそらくプロモーション要素が大半なのだろうが、
確実に、若手経営者多数に何らかの影響を与えたとされる
「サンクチュアリ」(原作・史村翔(武論尊)、作画・池上遼一)
かなり古い漫画のようだが、経営の参考になる何かが
そこには描かれているようである。


サンクチュアリ 2 (ビッグコミックススペシャル)

2010/02/19

永続的リンク 13:15:59, カテゴリ: 経費削減・コストダウン

電子ブレーカー導入のメリット。初段階で判断。

2月に入り、年度末が近づき、総会等の関係なのでしょうか?
マンションの理事様や、管理会社の担当者様、
またマンション管理士様からと、
マンションへの電子ブレーカー導入の引合が
当社では、急増しています。

そこで、いい機会かも?と思いまして、
マンション様における共有部の電気料金削減について、
電子ブレーカー導入に辺り、まずは初段階の確認・判断だけでも
お願いできればと思い、このブログでは、その確認事項について
詳しく、ご説明させていただきまたく存じます。

マンションでの、電子ブレーカー導入によって、
共有部の電気料金を下げるには、いくつかの条件があります。

まず、電気料金を削減検討しているマンション共有部にて
各電力会社さまとの契約が、現在、低圧(動力)と電灯(契約)、
もしくは低圧〇〇契約であるかをご確認下さい。

上記状況にて、低圧(動力)の基本契約容量が、およそ
30KW(20kw~でもメリット出る可能性有)~であれば、
おそらく、電子ブレーカーを導入することにて、
(毎月の電気料金ー電子ブレーカー導入費用)
上記、導入、メリットが発生する状況かと存じます。

もちろん、実際の導入にあたっては、現地にて調査後の
ご提示とはなりますが、
電子ブレーカー導入では、導入後、主開閉器(ブレーカー)契約に
変更することにて、現在契約容量でお支払になっている
電気料金の内、基本料金を大幅に下げることが可能となります。
しかも基本料金ですので、毎月、確実に(1円単位の誤差も無く)、
現状より電気料金を毎月下がることが可能です。

ちなみに、上記にて、低圧(動力)の契約容量のおおよその目安を
記載させていただいたのには、
契約容量が小さい場合、電子ブレーカー導入にて、
毎月の電気基本料金することは可能でも、
電子ブレーカーを導入するのには、当然、費用がかかるので、
その導入費用を差し引いた上で、年間、ある程度のメリットが
見込める環境という目安です。
それ故、契約容量が大きければ大きいほど、
現状よりの削減効果は期待できます。

まずは、上記内容をご確認いただき、もし貴殿のマンションが
導入メリットを得られそうな状況に酷似しているようでしたら、
即時、導入検討を強くお薦めしますので、
下記、当社サイトでのご説明をご確認いただき
お気軽にご連絡いただければと思う次第です。

電子ブレーカー導入による電気料金削減

2010/02/15

永続的リンク 12:24:58, カテゴリ: CO2削減・エコ

「うちエコ」での鍋6か条?

うちエコ」というサイトをご存知でしょうか?
当社も加入している「チームマイナス6%」が提供している
サイトの一つなのですが、今回は、その中から、
「うちエコ」での鍋6か条?たるものを
ちょっと発見したので、ご紹介。

一、鍋を食べて温まり、暖房の設定温度を控えめにすべし。
二、鍋を効率良くつくるべし。
三、鍋はみんなで食べるべし。
四、鍋を調理する際は、火加減にも注意するべし。
五、鍋をするときは調理器具にもこだわるべし。
六、買出しにはマイバックやふろしきにこだわるべし。

まあ、改めて言われなくても、
なんとなく一部はやっている気もする内容ですが、
これもエコの為?そして暖房費削減・節約にも繋がるそうで。

まあ、何はともあれ、うちエコは、楽しくやること。
それだけでいい気がします。

2010/02/11

永続的リンク 13:46:23, カテゴリ: 経済状況・景気動向, 企業努力

牛丼(不況に強いと言われた)業界、勢いが早くも失速。

昨年12月に値下げが相次いだ牛丼チェーンの勢いが
早くも失速しつつあるようだ。


牛丼並の定価を50円安の280円にした
ゼンショー傘下の「すき家」が10日発表では、
1月の既存店の客数は12.6%増となったものの、
既存店売上高は、前年同月比2.2%減少。


昨年12月3日に60円下げて定価を320円とした
「松屋」でも、1月の既存店の客数は、
4.5%増のプラスになったものの、
既存店売上は4.4%減と前年実績を下回った。


また、1月11日から牛丼並価格を11日間の限定で
80円値引きするキャンペーンを展開した「吉野家」だったが、
既存店売上高は前年同月比13.1%減となり
11カ月連続で前年実績を割り込んでいる。

2010/02/08

永続的リンク 13:50:52, カテゴリ: CO2削減・エコ

COP10・国際生物多様性年の幕開け

今年の10月、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が
愛知県名古屋市で開催される。
ところが、このCOP10?、ほとんど知られていない。
実際、今年、開催地である愛知県でさえ
7割以上の人が知らない内容とのことで、
もう少し、告知(努力)する必要があるのでは?と思いつつ、
今回、少しご紹介させていただいた次第です。

「COP(Conference of the Parties)」とは、
国際条約を結んだ国が集まる会議(締約国会議)のこと。

多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって
利用するために結ばれた生物多様性条約では、
条約の3つの目的として下記が上げられている。

地球上の多様な生物をその生息環境とともに保全すること
生物資源を持続可能であるように利用すること
遺伝資源の利用から生ずる利益を公正かつ衡平に配分すること

今回で、10回目の締約国会議「COP10」が2010年10月、
愛知・名古屋で開催されます。

今回の議題、テーマとしては、
2002年のCOP6で採択された
「生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させる」
という目標の達成状況の検証と
新たな目標(ポスト2010年目標)の策定について
遺伝資源へのアクセスと利益配分(ABS)に関する
国際的な枠組みの策定についてなどが想定されている。

ご興味をもたれた方は、詳細内容につきましては、、
COP10公式サイトより、ご確認下さい。

2010/02/04

永続的リンク 16:30:42, カテゴリ: CO2削減・エコ, 企業努力

PPS(電力小売事業者)・グリーン電力・環境配慮の必要性

電力自由化の波に乗り、安さを武器に拡大を続けた
電力小売事業者(PPS)にも、ひとつだけ大きな問題点。
PPSが供給する電力が、現在の9電力会社に比べ
CO2排出量がかなり高いことがあります。

これだけ、日々、エコが叫ばれる日本国内において、
人々の意識自体、また企業責任としても
今後は、需要家自体が「単に安ければ何でも良い」から、
「環境と経済性を両立した電力」にシフトしていく事が
多いに予想される状況です。


実際、政府関係では、環境省、経済産業省の庁舎の電力は、
グリーン電力への配慮が要求されていますし、
東京都の電力購入でも、グリーン電力の一定量の使用が
入札条件になってきているようです。

今後、PPS事業者は、この問題を、いかにして解決するかが
最大の課題でしょう。

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2010年2月
<< < 現在 > 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?