2010/06/05

ケータイの無料通話って使ってますか? しゃべらない現代人の驚きの実態判明

隣りにいたってメールしかしません・・・
これ、最近の日本の家庭の代表図のようです。

様々なケータイ(通信)会社が昨今料金プランのシフト等にて
対応を図っていますが、それでも追いつかないくらい、
音声通話の利用離れが世界的に加速しているそうで、
毎月ついてくる無料通話なんて、いつも使わずに
ドンドン余りまくってるなんて人も増加の一途をたどっているか。
皆様の周囲ではいかがなものでしょうか?

そもそもiモードの時代から、世界に先駆け
ケータイメールやネットの利用が盛んだった
日本は、仮に当然のこととしても、これまで文化的にも
音声通話が欠かせないと言われてきた国々でも、
このところ裏を返したように
ケータイで話すことがなくなってきているようです。

ケータイ世界の子どもたち (講談社現代新書 1944)
ケータイ世界の子どもたち (講談社現代新書 1944)

ワイヤレス移動体通信産業協会(CTIA)の発表によると、
米国内で携帯電話による音声通話の年間トラフィックが、
初めてテキストメッセージやメール、ネット利用などの
ケータイデータ通信トラフィックの年間合計量を
割り込んでしまったようです。

とりわけ顕著だったのは、携帯電話からの
1回の通話に費やされる平均トークタイムの減少。
2分を下回る平均1.81分まで落ち込んだと言われています。
反対に、携帯電話上でやり取りされる
テキストメッセージの数は大幅に伸びており、
ティーンエイジャーの過半数では、
毎月最低でも1500通のメールを送っているという
驚きのヘビーユーザーぶりも明らかに。
まさに携帯電話でなく、ケータイのような使われ方のようです。

「ケータイで相手に電話をかけるのって、失礼なことだと思う。」
こちらの都合で勝手に呼び出されて時間を奪うのはどうかなって?」

「よほどの緊急時しかケータイで通話するなんてあり得ない。」

「気軽に送れて、都合のいい時に返事してもらえばいいから、
いたってメールは親切丁寧。マナーというか常識。」

「電話をかけるよりメールを打つほうが時間がかかるのは百も承知。
でも、だからって面倒くさがって一方的に通話ばかり
相手にさせてたら嫌われちゃう。」

メールでしかコミュニケーションしない世代には、
その世代なりのルールや流儀があるという感じのようです。

本当に怖い「ケータイ依存」から我が子を救う「親と子のルール」―最新ケータイトラブルの実例と解決策 (Como子育てBOOKS)
本当に怖い「ケータイ依存」から我が子を救う「親と子のルール」―最新ケータイトラブルの実例と解決策 (Como子育てBOOKS)

ちなみに米国内で非公式に実施された調査ではありますが、
別にケータイで音声通話を利用しなくなっているのは、
若者たちのみならず、中高年未満の全年齢層に共通とのことだそうで、
最も無料通話の少ない料金プランを選んでいるのに、
それさえも使いこなせずに毎月いつも残っていくという
携帯電話ユーザーが、かなりの数を占めているそうです。

携帯電話で通話するのは平均して週1回、
通話時間の合計は1か月でも10分未満という
回答者も少なくなかったとか。

上期のような、時代の変化は致し方ないことでしょうが、
自身も同じく・・・最近は、あまり電話で話す機会
少なくなったなー等と、感じられた方は、
速やかに、ケータイショップ等にて、
ご自身が現在の契約されている契約内容の見直しを
速やかにされること(無料でできる経費(無駄)削減ですので)、
強くお薦めする次第です。

2010/05/31

永続的リンク 16:16:19, カテゴリ: CO2削減・エコ, 企業努力

ホンダCR-Z。スポーツカー逆風時代に異例の大ヒット!

最近、「若者のクルマ離れ」現象が叫ばれ、
更に巷は、エコ人気ということで、かつての人気も
すっかり薄れてつつある「スポーツカー」。
ところが、このスポーツカー市場に、
今年、突然、かつてのような脚光が再びあたり始めている。

これは、ホンダが2月に市場投入した世界初の
ハイブリッドスポーツカー「CR-Z」によるものだそうで、
発売後1カ月で1万台を受注する
「スポーツカー」としては異例のヒットにつながっている。

現在の市場環境は、エコカーへの追い風、
また、長引く景気低迷も「スポーツカー」にはかなりの逆風と、
環境性能、実用性、低価格志向等・・・
自動車メーカーへの消費者の要求は、
どれも「スポーツカー」の要素とは相いれない。

しかし、売れないから造らないでは、
「スポーツカー市場」は、更に後退し続け、
若者を再び車に引きつけることは難しい。
そこで、ホンダはCR-Zの開発で
新たな「スポーツカー」のあり方を追求。


従来では、エンジンのパワーを上げることにこだわる余り、
車体が重く、価格が高くなり、一部の愛好者だけの
好むものになっていた「従来型スポーツカー」スタイルを、
CR-Zの開発では、一新!
「いかに軽量化できるか、ハイブリッドシステムにてと
燃費も良いものにと追求し、
人の生活に寄り添う、「新しいスポーツカー」にすることを
心がけたそうだ。

環境性能の高い「スポーツカー」
これまでの逆風を追い風に変えた
今までになかった全く新しい「スポーツカー」スタイルを提供した
今回のCR-Zの発想。


『デザインが格好いい』
『こういう車は最近なかった。乗ってみたい』等
「スポーツカー」本来への憧れも、ホンダの各店舗では、
早速、来店した客が口にしているそうである。

2010/05/19

費用をかけずにできる電気料金の削減

費用(先行投資)をかけずに、電気料金を削減する方法がある。
それが弊社が一番に推奨している
契約変更(適正化)による電気料金削減という手法だ。

契約変更とは、簡単に説明すると、
あまり契約という意識がないのが、一般的だが、
現在何らかの施設で電気を使っている
電気の利用=電力会社(供給元)と契約をしているということである。
それ故、現在、御社が請求されている毎月の電気料金は、
当然、この契約約款に基づき、請求される。
よって、この契約内容が、現在の使用状況に
一番適しているのか?これらを再確認し、
優位な契約ができる状況であれば↓
交渉⇒新たに契約し直すというのが、
契約変更(適正化)、結果、電気料金の削減に繋がるという
これらが、根本的な考え、しくみである。

電気料金削減・契約変更


もちろん、上記は、あくまで可能性論にて、
全ての電気需要家に当てはまるものではないが、
現時点で、安く出来うる約款がもしかしたらあるかもしれない。
仮に御社が使用状況に適していない契約をしている。
これを弊社がベターにする交渉や模索をすることにより、
最良の契約に変更が出来れば、
費用をかけずに即時コストダウンが可能となるというのは
事業者にとっては、とても魅力的な話ではないだろうか?

契約変更による適正化には、
店舗面積の大小等も一切関係ない。
こちらも、あくまで確率論になるが、
現時点で下記のような契約を現在されている事業主様であれば、

*電気の契約
 低圧・電灯の2契約【店舗等】
 低圧・高圧のいずれかの契約【年中無休・365日ほぼ休まず営業】
 低圧・高圧のいずれかの契約【土日祝日(主)営業】

契約変更の見直し・適正化にてメリットが出易い傾向が多々にて、
即時、お薦めしたいものである。

2010/05/04

上海万博。中国文化に日本のトイレは驚愕の事実。

史上最大規模となるだろうと予想されている上海万博。
中国文化ならではの、混乱は、相変わらずのようだが、
開幕から3日間での来場者は56万人超え、
その経済効果は、日本円に換算すると16.8兆~21兆円とも
言われているだけに、その勢いは、さすがに凄まじいようだ。

上海万博=中国での開催とあって、やはり人気があるのは
中国館のようですが、日本館も観光客が殺到しており、
待ち時間が3~4時間に達するほど人気が高いそうです。
日本館において、特に注目したいのは、
人気の近未来のロボット技術とやはり最先端の環境関連技術。

人類が克服すべき地球規模の問題の一つである
水資源問題に焦点を当てた、
下水を浄化して飲料水にするバイオNキューブや
メンブレンバイオリアクター(MBR)、
海水を淡水にする逆浸透膜など、
更に「ゼロエミッションタウン」を実現させるためとして、
エコカー・床発電・家庭用燃料電池ユニット・発電窓
有機EL照明・水素による製鉄プロセス革新・
CO2分離回収貯蔵技術等、
日本の誇るべき最先端技術が数々紹介されている。
(詳細は、2010年上海万博日本館公式サイトよりご参照下さい)

そんな中、日本産業館のトイレは「世界一トイレ」と名付けられ
この「世界一トイレ」、中国人の好奇心をかき立てるようだ。
日本産業館のトイレ設計を手がけたINAX(イナックス)によると、
日本産業館のトイレには自動開閉・自動洗浄の便座が設置されるが、
この便座はクラシックやジャズといった音楽をも
再生することも可能だという。
また、6月には日本産業館のトイレに上海万博のために設計した
金の便座が展示されることになっており、
訪れた人びとは超豪華なトイレを体験できる予定とのこと。
更なる話題を呼びそうである。

思い起こせば、私が友人と中国に観光旅行してのが、
かれこれ約15年前。
当時、中国の観光施設と呼ばれる場所で、トイレを利用した際、
大要の場所含めトイレブースが何一つない空間で、中国人が2人
楽しそうに話しながら要をたす姿を見た際には、
(しかもこんな状況化のトイレで有料)
そのカルチャーショックは、かなりのもので(笑)、
それ故、今、中国人が恐らく感じた、
日本のトイレを見た際、使用後の
とても大きなカルチャーショック。
分らないものでもないような感じがするのでした。

2010/04/26

永続的リンク 16:43:11, カテゴリ: CO2削減・エコ

水ビジネス1.8兆円。日本企業、世界市場6%のシェア確保を目指す。

世界の水ビジネス市場規模は2007年の約36兆円から
2025年には約87兆円に達すると予想。

経済産業省「水ビジネス国際展開研究会」の先日の報告書案にて
その内、今後、官民一体の取り組みを進め、

日本企業が世界市場で約6%(約1兆8千億円)のシェアを
確保することを目指すとしている。

<< 前のページ :: 次のページ >>

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

<< 前のページ :: 次のページ >>

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2017年6月
<< <     
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?