2010/10/22

Permalink 17:24:05, カテゴリ: 経費削減・コストダウン

プロパンガス料金削減Q&A

前回、このブログでもご紹介致しました
プロパンガス料金の削減について その後、多数のお問合せを頂戴しましこと
この場を借りましてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

本日は、その中で、多数のご質問の中、
多かった事例について、補足させていただきたく存じます。

Q.プロパンガス料金は必ず下がりますか?

A.必ず安くなる(下がる)かは、分りません。
 現状のご利用状況及び、ご使用単価を先ずは、
 確認させていただき、削減が可能か否かをお答えいたします。

Q.アパートですが出来ますか?

A.賃貸物件所有者(オーナー様)であれば可能ですが、
 賃借人様ですと、所有者・オーナーからの
 承諾が、先ずは先決となります。

Q.新築建売を購入時、既設配管工事について、
 現在のプロパンガス会社が負担してくれるとのことで、
 お得かと思い、薦められるまま契約したのですが、
 どうなりますか?

A.一般的には、縛りのある契約状況でして、
 結構、多いですが、問題も多い事例です。
 メーカー側も提携ガス会社よりの紹介料が入る為、
 積極的に、このような展開をしていることもあり、
 良く考えると、後に、プロパンガス供給会社が
 ガス使用単価の値上げをして、その既設配管分、
 もしくはそれ以上の支払を、否が応でもしなければ
 ならなくなるかも?と考えると・・・
 目先の利益のみで、あまり良い契約状況とは、いえないですね。
 通常、このような契約状況の場合、
 現在では、ほぼ契約書等が存在するかと思いますので、
 先ずは、その内容をご確認下さいませ。
 既存のガス会社様によっても違うのですが、
 この手の契約締結をしている場合は、10年前後~
 期間が経過していれば、通常、ほぼ償却済みのはずなので、
 問題ない状況と考えていただいても、良い
 一つの目安にしていただいても良いかと思う次第です。
 (あくまで、これは目安ですので、個別にご相談下さい)
 
Q.プロパンガス削減に、使用量等、何らかの制限や条件がある?

A.特に使用量等といった条件はありません。
 但し、現時点で、弊社提携引き受け先の都合により、
 下記※事項が、削減サービス対象となります。
 ※関東地域及び一部近郊
 ※給湯設備(お風呂)があること 
 

2010/10/04

Permalink 10:04:41, カテゴリ: CO2削減・エコ

プロパンガス料金削減

相変わらず、微妙な原油高?が続いている昨今ですが、
それでも以前の急激な原油高よりは、マシということでしょうか?
一時期、引き受け先がなかったプロパンガス業界も
少し回復傾向にあるようで、この度、新たな提携ができる
運びになりました。それに伴い、一部地域は限定となりますが、
プロパンガス料金の削減が、下記のような形で可能です。

※プロパンガスを現在ご利用(契約)中にて
 お風呂(給湯設備)にプロパンガスを利用しているご家庭及び
 工場・飲食店様
※対象地域⇒首都圏~関東地域(一部地域除く)
 +静岡~山梨県の一部
※現在ご利用(契約先)のプロパンガス会社様の検針票

上記条件に該当するお客様に関しましては、最終的に
新規引き受け先(新しいガス会社)との契約により
(既存契約単価より、使用単価を安く提案すことが可能であれば)
毎月かかるプロパンガス料金を、一切のご負担無く
削減することが可能です。
プロパンガスがどうして安くなるかの理論はこちらから


可否や、削減率は、個々、様々な現在の契約状況によって
当然、全て異なりますので、とりあえず現状より安くなるかも?で
プロパンガスなんですけど安くなりますか?と
弊社までお気軽にお問合せいただければと思う次第です。

有限会社フューチャープランニング TEL 045-360-8703

2010/08/16

Permalink 15:13:22, カテゴリ: CO2削減・エコ

エアコンの目安電気料金、省エネ効果は課題表示?

本日のニュース「エアコンの目安電気料金省エネ効果、課題表示」によると、
家電売り場等、店頭に表示されている
エアコンの「目安電気料金」が、
実態の約6倍も?懸け離れている可能性のあるらしいことが
分ったそうである。

過剰表示は、意図的ではなかったとしてるが・・・
それにしても、ひどい話である。
言い訳では、性能試験に使う時間を算定根拠にし、
実際の家庭での使用状況を把握していなかったためだそうだが・・・
経産省資源エネルギー庁のコメントでは
「現在、基準にしているJISは性能を測るためで、
使用実態を反映していないのは事実。
当時は実態データがなく、JISを使うことが一つの割り切りと考えた」
と説明したとのことで、なんとも役人らしい言い訳のようだ。

目安電気料金は、経産省が06年に導入した
「統一省エネラベル」にて表示されている。
省エネ法に基づき、小売業者が店頭で
家電などの省エネ情報を消費者に提供するためのラベルで、
経済産業省が、星の数で省エネ性能を示す
「多段階評価」や年間の目安電気料金等の
記載内容、電気料金の計算方法を決めているものだが、

消費者に目安にもならないラベル表示?
現実とは関係ない、机上の理論に基づく数値・情報だけであれば、
かえってないほうが良いのでは?というぐらい
今回の事例は、かなりお粗末な内容のようである。

2010/08/10

Permalink 15:54:34, カテゴリ: CO2削減・エコ

物々交換こそ、シンプルかつ最大のエコ。

先日、このようなニュースを目にしました。
「ネットの物々交換で携帯電話をポルシェに換えた少年」

これはアメリカの17歳の高校生のお話で、
彼はインターネットの物々交換サイトに
古い携帯電話を1台出品しました。
その後2年間にわたって14回の交換をおこない、
最終的にポルシェにまでいきついたそうです。

このニュースを見てポルシェか~凄いなぁと
同時に思ったことは、昔からある
「物々交換という考えはよくできている」ということ。

自分にとっては不要な物でも、
別の誰かにとっては必要であり、
その別の誰かが不要なものは、
自分にとっては必要なものであるかもしれないわけで。

自分が使わなくなった物でも、誰かが必要とすれば、
その「物」は得家員にゴミにはならず、
長い間大事に使い続けられていく・・・

地球温暖化問題等を発端に環境問題が
日々クローズアップされる中、
最先端技術もその開発や工程において、
たくさんの環境破壊やCO2を発生させているのは間違いなく、

今回のわらしべ長者物語にまでは、現実いかなくても、
私達が、リサイクルショップやフリーマーケット等を
活用するだけでも
「物を大切にする」心を養うことと共に
誰もが一番簡単に確実にできるエコ活動が身近にあるなぁと。

アメリカの少年のニュースをみて、
改めて、とてもシンプルなエコが見えた気がしたのでした。

2010/06/19

Permalink 12:43:50, カテゴリ: 経費削減・コストダウン

プリンターの印刷コスト削減の盲点

プリンターを新規購入する際、盲点となりがちなのが、
プリンターの印刷コストである。

ある会社様に先日お邪魔した際のことですが、
以前のお話では、当社では、最近、コスト管理を徹底しており、
紙媒体へのプリントアウトを極力減らす努力をしているだけではなく、
FAX複合機でのプリントと、プリンターへの出力をも
使い分けているとのお話だった。
私が、使い分けしている利点はなんですか?とお聞きしたところ
単色印刷では、印刷コスト削減用にて購入した
メーカー仕様にて@1.0モノクロプリンターを使用。
リースのFAX複合機は@3.0にて、
単色では、原則、モノクロプリンターで印刷を徹底することによって、
従来より、印刷コストの削減をされているとのことだった。

ところが、先日の、総務の方のお話では、
そのわりには、あまり印刷コスト削減ができていないようで、
反対にインク代等を考えると、割高になっているような気が、
最近、しており、今月に入り、印刷枚数等を
自社でカウントしだしてますとのお話でした。

上記の話にて、?と、もうお気づきの方もいるかもしれないが、
今回のような、企業様での、間違ったコスト削減意識は、
反対にコスト高になる可能性もあり、
特にご注意していただきたい。

プリンターの印刷コスト@1.0円というのは、
あくまで、各印刷メーカーが算出している数字にて、
一つの目安にすぎない。
しかも、ほとんどのメーカーでは、A4サイズ用紙に
約5%インクの使用率くらいの原稿を基準とした計算値にて、
当然、上記よりインクを多く使う内容の原稿をプリントアウト時には、
インクの使用量も増え、結局、1枚あたりの
単価計算も、原稿ごとに異なってくるのである。

一方、FAX複合機の場合は、
現在では、トナー交換等はメーカー負担という契約がほぼ多く
(今回の事例の企業様も同様でした)
リース契約されていることが一般的。
それ故、どのような原稿のプリントアウトでも
@3.0円より上限することは絶対ないのである。

そこで、今回のお客様では、簡単な指標として、
普段、どのようなものをプリントアウトされることが多いですか?と
実際のプリントアウトしたものを見せていただくことに。
するとグレーの網掛・塗りつぶしが多数見られる、
画像・図表入り原稿等が大半にて、
おそらく、これが原因のようですね。
この原稿ぐらいのインク使用ですと、
@1.0円どころか、@6.0円ぐらい
インクを使っていることになり・・・と
一般的なメーカー算出基準としているプリンターの印刷コストについて
ご説明し、御社のような場合は、FAX複合機で
全てプリントアウトされた方が良いのでは?とお話したのでした。

プリンター等の印刷コストは、くれぐれも
メーカー算出値ではなく、
インク代÷自社での印刷枚数
肝に銘じた方がよさそうですね。

:: 次のページ >>

経費削減・コストダウン・CO2削減・環境保護等、公共料金~企業経営に纏わる経費項目について、あらゆる視点・手法より、現状経費の無駄を解明・削減することを目的としております。

:: 次のページ >>

Archives

リンクブログ

フューチャープランニンググループ

経費削減・コストダウン・エコ・CO2削減に関するお奨め書籍

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2016年9月
<< <     
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 
Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 





人気ブログランキングへ
検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?